化粧品で治す






赤ら顔を改善する方法はいくつもありますが、
普段のスキンケアに一手間プラスして
化粧品で治せるのならそれがベストですね。



赤ら顔を改善する化粧品

毛細血管の拡張や大量の血液が流れ込んでくることで赤ら顔になってしまいます。
これを改善するにはビタミンK配合の化粧品が効果的です。

化粧水やクリームなどビタミンKが配合されている化粧品が数多く販売されていますから
他の配合成分もよく確認して自分に合ったものを選びましょう。

アルコールフリーの化粧品を使う

収れん用化粧水など、アルコールが入っている基礎化粧品は、赤ら顔の方には厳禁です。
アルコールには毛細血管を拡張させる働きがあります。

赤ら顔の方がアルコール入りの化粧品を長期間使い続けると、
赤ら顔が慢性化する可能性がありますからアルコールフリーの化粧品を使うようにしましょう。

赤ら顔用のファンデを使う

レーザー治療でもしない限り、赤ら顔は急に改善するものではありません。

化粧品や食事改善などで時間をかけて赤ら顔を改善させるのであれば、
赤ら顔が軽減されていく間、赤ら顔専用のファンデーションやコントロールカラーを使って、
赤ら顔が目立たない工夫をするといいですね。


「スキンケアだけで赤ら顔を改善する。」
可能かもしれませんが、症状によってはちょっと難しい場合があるかもしれません。


赤ら顔は治療しないと悪化する症状もあります。
もしあなたの赤ら顔の原因が「毛細血管拡張症」であれば皮膚科で保険適用になります。

一度病院を受診して、医師に相談してみるといいかもしれません。



Copyright(C) 2011 【赤ら顔の治療!治し方を徹底解説】 Allrights reserved.