漢方



身体の中で炎症が起きて出血しやすくなっている状態を、
漢方では「血熱(けつねつ)」と呼んでいます。

この血熱というのは"温病学"という
中国の清の時代に起こった概念が元になっています。

さて、そんな血熱の具体的な症状には、
いったいどのようなものがあるのでしょうか?



血熱ってどんな症状?

・アトピー性皮膚炎など強い赤みが皮膚に出ている疾患
・吹き出物、ニキビなど
・糖尿病
・顔に赤みが出るなど
・触ると熱い


血熱というだけに、赤みが出る症状が多いようです。
赤ら顔も血熱の症状の一つですね。

赤ら顔を漢方で治す

体内に炎症を起こして熱がこもっている「血熱」。
血熱を改善するには「涼血清営顆粒(りょうけつせいえいかりゅう)」という漢方を使います。


◆涼血清営顆粒(りょうけつせいえいかりゅう)の効能
便秘、吹き出物、肌荒れ、アトピー性皮膚炎・更年期障害などに効果があるとされています。
中でも特に効果があるのは皮膚疾患だと言われています。


涼血清営顆粒を服用すると、治療が難しいアトピー性皮膚炎などの
改善が比較的早いとされています(個人差はあります)。

アトピーも更年期障害も赤ら顔の原因になっている疾患です。

これを身体に負担をかけることなく治療できるのが漢方薬の「涼血清営顆粒」なのです。



Copyright(C) 2011 【赤ら顔の治療!治し方を徹底解説】 Allrights reserved.