原因



赤ら顔から受ける印象にはどんなものがあるでしょう?
「キュート」
「素朴」
「田舎っぽい」
「老けて見える」

どんな印象があるにせよ、
本人にとってコンプレックスになっているのなら、
赤ら顔は早めに改善する必要があります。



なぜ赤ら顔になってしまうのか?

残念なことに、赤ら顔になってしまう理由はハッキリしていません。
しかし以下のことが影響しているのではないか、と言われています。

・香辛料
・アルコール
・外気温の温度変化
・感情の起伏(精神的因子)
・胃腸障害
・更年期障害
・糖尿病


これらが引き金になって毛細血管が拡張・収縮し血液の量が増えることによって
「赤ら顔」になってしまうのです。

お腹の5倍ある毛細血管

人体には9万キロを超える血管が体中に張りめぐらされています。
その長さは何と地球を2周する長さです。

心臓から送り出された血液は、動脈を経て毛細血管を巡り体の隅々まで
酸素と栄養を運んで再び心臓に戻ってきます。

毛細血管というのは極細の血管で、頬にはお腹の五倍の毛細血管が集まっています。

だから赤ら顔は目立って見えるのですね。

ただ、一時的な顔の赤みは「赤ら顔」とは言いません。
赤ら顔とは顔の赤みが継続する症状を指します。




Copyright(C) 2011 【赤ら顔の治療!治し方を徹底解説】 Allrights reserved.