赤ちゃんの赤ら顔




赤ちゃんも赤ら顔になります。
原因は乳児湿疹、新生児ニキビ
そしてアトピー性皮膚炎などです。

乳児湿疹とアトピーは赤ちゃんが低月齢の間は
区別がつかないことがあります。
(医師によって診断が違うことさえあります)



新生児ニキビとは?

大人のにきびのように赤ちゃんのニキビも化膿して赤くなったり白ニキビができたりします。

額や頬に多く見られますが、生理的なものなので心配はありません。
赤ちゃん用の石けんで洗ってあげるだけで自然治癒します。

脂漏性湿疹(乳児湿疹)とは?

生後三ヶ月までは皮脂が過剰分泌されやすい時期です。
頭皮、眉毛、髪の生え際などにできやすいのが特徴です。

「症状」
頬が赤い
額や頭にクリーム色のかさぶたができる

乳児のアトピー性皮膚炎

乳児のアトピー性皮膚炎の症状が出るのは生後四ヶ月以降です。
脂漏性湿疹とよく間違われるのですが、
アトピーと診断できるのはそれ以降になりますから様子を見る期間が必要です。

「症状」
顔や頭にまず症状が出て、そして身体に患部が広がっていきます。
・赤みが出る
・ぶつぶつが出来る
・皮膚が硬くなって、カサカサしてくる
・じゅくじゅくする

赤ちゃんは言葉でお母さんに「かゆさ」や「苦しさ」を伝えることができません。
様子を細かく観察して、まずはすぐに病院へ連れて行ってあげるようにしましょう。



Copyright(C) 2011 【赤ら顔の治療!治し方を徹底解説】 Allrights reserved.